無料ブログから始めるホームページ〜pingとは?〜

「ブログ(blog)」が流行している理由の一つに「検索エンジンとの相性がいい」ためにページのアクセス・アップにつながりやすいということがあります。

実際、「ホームページ」を作って宣伝するのに比べると集客力は段違いです。

その「ブログ」で使われている技術の一つに、「RSS ping」というものがあります。

「RSS ping」とは、「ブログ(blog)」が更新された時に、更新されたということを相手に知らせるための手法です。

世の中には、この「RSS ping」の情報をもとに検索サイトを作っているところもあり、こういったサイトに「サイト更新情報」を送ってやることで、ブログが更新されたことが通知されるようになります。

「RSS」と「RSS ping」: サイト更新情報伝達の仕組み

「ブログ(blog)」の更新情報は、「RSS」というファイルに書き込まれます。(実際のファイル名は、"index.rdf"や"update.xml"などです)

この「RSS(Rich Site Summary)」ファイルには、「更新のあったページのURL」「更新された情報のタイトル」などがかかれています。どこの「ブログ(blog)」を使っても「タイトル」を書く必要があり、「1タイトル1ページ」になっているのは、この「RSS」の記述とあわせるためなのです。

この出来上がった「RSS」ファイルは、ウェブサイトの適当な場所に置かれます。しかし、それだけでは更新情報がアップデートされたかどうか定期的にチェックしている人しか分からない(ホームページは基本的に「プル(pull)」型のアプリケーションなので)ことになってしまいます。

そこで、「ブログ(blog)」サイトのアプリケーションは、「ページに更新があった」という情報を「RSS情報を集めているサイト」に送ります。これが「RSS ping」です。

無料ブログでの「RSS ping」設定

各無料ブログのメイン設定には、「ping」をどこに向かって投げるかを設定できるようになっています。

エキサイトのブログ」では、チェックマークをつけるだけで設定がすむようになっています。

主な「RSS ping受信サイト」には、以下のようなところがあります。

書き込みをみんなに知らせる(pingとは)

トップへ戻る