『RSS Ping』で『アクセスアップ』

ホームページ更新情報の配布と検索エンジンとの相性を探る

アクセスアップ考察『RSS Ping』で『アクセスアップ』

『キーワード』で『アクセスアップ』 << アフィリエイト道場top >> 『トラックバック』で『アクセスアップ』

ブログとping

世の中「ブログ(blog)」なるものが大流行していますが、その理由の一つに「検索エンジンとの相性がいい」ためにページのアクセス・アップにつながり(「SEO:サーチエンジン最適化」が良いといいます)、アフィリエイトなどのビジネスに貢献するからということがあります。

では、「ブログ(blog)」と同様の手法を使って、ホームページのアクセスアップを行うことができないでしょうか。

そこで、私が注目したのが「RSS ping」というものです。

「RSS ping」とは、「ブログ(blog)」が更新された時に、更新されたということを相手に知らせるための手法です。

世の中には、この「RSS ping」の情報をもとに検索サイトを作っているところもあり、こういったサイトに「サイト更新情報」を送ってやることがアクセスアップにつながると思われます。

「RSS」と「RSS ping」: サイト更新情報伝達の仕組み

「ブログ(blog)」の更新情報は、「RSS」というファイルに書き込まれます。(実際のファイル名は、"index.rdf"や"update.xml"などです)

この「RSS(Rich Site Summary)」ファイルには、「更新のあったページのURL」「更新された情報のタイトル」などがかかれています。どこの「ブログ(blog)」を使っても「タイトル」を書く必要があり、「1タイトル1ページ」になっているのは、この「RSS」の記述とあわせるためなのです。

この出来上がった「RSS」ファイルは、ウェブサイトの適当な場所に置かれます。しかし、それだけでは更新情報がアップデートされたかどうか定期的にチェックしている人しか分からない(ホームページは基本的に「プル(pull)」型のアプリケーションなので)ことになってしまいます。

そこで、「ブログ(blog)」サイトのアプリケーションは、「ページに更新があった」という情報を「RSS情報を集めているサイト」に送ります。これが「RSS ping」です。

「RSS」ファイルを作成する

RSS(ich Site Summary)には、いくつかのバージョンが存在しますが、ここでは現在最も多く利用されていると思われる「RSS ver1.0」を考えます。

以下が最もシンプルなフォーマットです。

<!--お約束部分始まり:(赤字)部分を自分のサイトに合わせて変更-->
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
 xmlns="http://purl.org/rss/1.0/">
  <!--サイトのアドレス(トップページ)-->
  <channel rdf:about="{resource}">
    <!--サイト名(タイトル)-->
    <title>{channel_title}</title>
    <!--サイトのアドレス(トップページ)へのリンク-->
    <link>{channel_link}</link>
    <!--サイトの内容概要-->
    <description>{channel_description}</description>
    <items>
      <rdf:Seq>
        <!--変更のあったページのURLをリストアップ(赤字部分)-->
        <rdf:li rdf:resource="{item_uri1}" />
        <rdf:li rdf:resource="{item_uri2}" />
           :
      <!--再びお約束部分-->
      </rdf:Seq>
    </items>
  </channel>
  <!--更新のあったページ毎に以下を繰り返し記述-->
  <!--{item_uri}は、上でリストアップしたものと同じでなければなりません-->
  <item  rdf:about="{item_uri}">
  <!--更新されたページのタイトル-->
    <title>{item_title}</title>>
  <!--更新されたページのURL。通常、上記のitem_uriと同じ-->
    <link>{item_link}</link>
  </item>
<!--最後のお約束部分-->
</rdf:RDF>

ページを更新したときに、このファイルも同時に変更するように習慣づけていれば、それほど面倒ではないと思います。

ただし、文字のエンコーディングが「UTF-8」なので、ファイル作成後に文字コードを変換するフリーウェアなどで変換する手間がちょっとかかります。

ファイルが出来たら、サイトのトップ・ページのある場所に保存しておきます。(以下「index.xml」という名前で保存したと想定して書きます。)

次に、サイトのトップ・ページとこのファイルを関連付ける必要があります。方法は、トップ・ページの「<HEAD>〜</HEAD>」のブロック内に以下の記述を入れるだけです。

<LINK href="{xmlファイルへのリンク}" rel="alternate" type="application/rss+xml" title="RSS">

ここまでで「最もシンプルな」RSSファイルの作成・設定が終わりました。

「RSS ver1.0」には、さらに詳細な情報(日付、情報更新者など)を附加するための記述もあります。それらを利用した『本サイトのRSSファイル』のサンプルを、こちらに載せておきますので、参考にしてください。

「RSS ping」ファイルを作成する

「RSS ping」ファイルとは、ホームページに変更のあったことを知らせるためのファイルで、以下のようなシンプルなフォーマットになっています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<methodCall>
<methodName>weblogUpdates.ping</methodName>
<params>
<param><value>{サイト名}</value></param>
<param><value>{サイトURL}</value></param>
</params>
</methodCall>

このファイルも、「RSSファイル」と同様に「UTF-8」でエンコードする必要があります。

『本サイトのRSS pingファイル』のサンプルは、こちら

「RSS ping」ファイルを送信する

以上で「サイトの更新」を知らせるために必要なファイルの準備は、全て終わりました。

以下のものがそろっている必要があります。

最後に行うのは、「RSS ping 受信サイト」に対して「RSS ping」ファイルを「POST」すれば終了です。

主な「RSS ping受信サイト」には、以下のようなところがあります。

http://api.my.yahoo.com/RPC2
http://bitacoras.net/ping/
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.rank10.net/update/ping.cgi
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogdb.jp/xmlrpc
http://bulkfeeds.net/rpc
http://coreblog.org/ping/
http://jugem.jp/?mode=NEWENTRY
http://ping.amagle.com/
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.gpost.info/xmlrpc
http://ping.myblog.jp
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.weblogalot.com/rpc.php
http://ping.weblogs.se/
http://rpc.atblogs.com/
http://rpc.bloghackers.net/newsoku
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.technorati.com/rpc/ping
http://rpc.weblogs.com/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serennz.cool.ne.jp/sblog/rep
http://tb.threetree.jp/
http://www.blogoole.com/ping/
http://www.blogoon.net/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.weblogues.com/RPC/
http://xmlrpc.blogg.de/

しかし、簡単にここに「POST」するといっても良く分からないと思いますので、javaで簡単なツールを作りました。
Rss Pingツール: Java application版
上記ツールの作成方法「Rss Ping開発記録」は、こちら。

このアプリは、上記の「RSS ping」サイトに対して入力された情報をもとに「RSS ping」をうつものです。

くれぐれも濫用しないようにしてください。

結果